目隠しプレイ

現在、SMプレイは当たり前のプレイになりました。SMプレイと言えば、えっ、そんなものは恥ずかしくて出来ないという人たちがいるかもしれません。そのような人たちは、ソフトプレイからスタートすれば良いのです。

秘密結社めいた特別階級の変態嗜好というイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、SMプレイはもはや全然そのようなものではありません。ソフトSMプレイのなかで特に人気なのは、目隠しプレイです。

目隠しは、何を相手にされるか視覚でとらえることが出来ないからこそ想像し、ゾクゾク感が高まってくるところに面白さがあります。風俗のプレイは、想像することでより刺激を与えられることになります。ただし、目隠しプレイは基本プレイとなります。通常は目隠しと併せて、低温ロウソクやバラ鞭など比較的痛みの弱いものを楽しみます。一方普通のSMプレイの場合では、やはりここからハードということになります。目隠しというオーソドックスな方法で、どれほど性的快感が高められるかということをもっと追求してみましょう。

基本的に目隠しは「自由を奪われること」であり、自由を奪われた不安感に対して、快感を得られるようになれば、あなたも充分SMプレイを堪能する資格を持っています。