拘束プレイ

ソフトプレイで存在しているのは、目隠しの他に柔らかい布や手錠での拘束があります。拘束というのもSMプレイのお決まりのパターンです。そして、拘束された上で、恥ずかしいポーズをさせられたりするのが、ソフトSMプレイの中で人気です。

ハードなSMプレイはといえば、縄でのキツめの拘束プレイだったり、金属のリアルな手錠での拘束があったりして、鞭、ろうそくも登場して来て、傷跡がちょっと残るということもあるようです。普通のSMプレイと比較すれば、多少緩めの拘束具を使うのがソフトSMプレイです。

SMプレイには、王女と奴隷という関係が存在して、奴隷は女王に拘束され続けることになります。拘束することは力であり、力で押しつけられることによってムズムズと快感を高めることが出来ます。

拘束プレイをする際、拘束された方の人たちの中では、どういった心理の変化が起こるのでしょうか。それは、シンプルな「不安」です。「自由も利かないしこの先一体どのようなことになってしまうのか……」そのような不安が、性的な感覚に変換されていき、最終的に快感を高めてくれることになります。ソフトプレイもなかなか一度はじめれば抜け出すことが出来ないプレイです。